新ブログ「インサイダー」開設のお知らせ

大きな経済的制約、激しい市場競争、消費者の低い認知度‐このような問題に直面するとき、協同組合/相互扶助の保険組織は、どのようにすれば、組織の基盤となっている協同組合や相互扶助の価値を伝え、株式会社との違いを打ち出すことができるだろうか。

ICMIFでは、この課題に対する会員の取り組みを明らかにするために、会員のホームページを閲覧して、その内容を調査した。以下に調査結果をまと めて報告する。調査からは、協同組合や相互扶助の価値が消費者にもたらす独特の利点やメリットを知ってもらうためにオンラインマーケティング戦略を開発し ようとするとき、どのような点に留意するべきかが浮き彫りになった。このような留意点をチェックリストとして示した。