ICMIFインサイトレポートのご紹介 「オンラインビジネスとネット戦略の傾向」

InSights

保険に関連する消費者行動に見られる最近の傾向として、ネット利用の急増を挙げることができます。保険を吟味する場合だけに限られず、保険 契約の加入手続きや加入後のサービス利用もネット上で行う消費者が増えています。インターネットは、保険種目を問わず保険業界に重要な事業チャンスを多く 提供していますが、その大部分は、いまだ十分に活用されているとはいえません。

ICMIFインサイトレポートのご紹介 「オンラインビジネスとネット戦略の傾向」

保険に関連する消費者行動に見られる最近の傾向として、ネット利用の急増を挙げることができます。保険を吟味する場合だけに限られず、保険契約の加 入手続きや加入後のサービス利用もネット上で行う消費者が増えています。インターネットは、保険種目を問わず保険業界に重要な事業チャンスを多く提供して いますが、その大部分は、いまだ十分に活用されているとはいえません。

今回発行したインサイトではオンラインビジネスとネット戦略をテーマにして、会員団体におけるネットへの取り組み状況を分析し、その結果をレポート にまとめました。レポートでは、経営陣が十分な情報に基づいてネット戦略を構築し、市場トレンドを考え、今後の事業チャンスを特定するうえで役に立つと思 われる重要な問題を提起し、ウェブサイト、モバイルアプリ、価格比較サイト、SNSなど、ウェブに関連するあらゆる面を取り上げて考察しました。 ICMIFインサイトは、会員団体の役員・管理職を対象読者層とした小レポートシリーズです。毎回特定のテーマを取り上げ、世界各地のICMIF会員団体 が採用している戦略や戦術を広範囲に紹介し、管理職が戦略的思考をするうえで役に立つと思われる重要な問題に焦点をあてて分析しています。