ICMIF会員団体主要統計レポート(2012年)

ICMIFは、2007年から12年の期間における会員団体の財務データを、グローバルレベル、地域レベルの両方で詳細に分析・精査した「ICMIF会員団体主要統計レポート(2012年)」を発表しました。

今回は前回までの保険料収入成長率レポートに加え、保険種目、 バランスシート(財務内容)の各視点から分析したレポートも作成しました

そのうち保険料収入成長率レポートによると、ICMIF会員団体の2012年保険料収入は前年比2.5%の伸びを示しました。 世界の保険市場におけるシェアは、07年の4.8%から5.5%に拡大 しました。生命保険、損害保険とも同様の成長傾向を示し、生命保険のシェアは4.75%(07年は3.95%)、損害保険は6.42%(同6.15%)となりました。

前回までと同様、ICMIF会員団体の保険料収入ランキングや成長率ランキング(前年比、2007年比別)を、先進国・途上国別に、また生命保険・ 損害保険別に作成しました。 ICMIFのインテリジェンス部門は今回初めて、生命保険、損害保険の各種目、およびバランスシート(総資産、投資、資本・剰余金など)を細かく分析し、 それぞれ保険種目レポート、バランスシートレポートとしてまとめました。

ICMIF会員団体主要統計レポートは 会員限定の出版物で、ウェブ 上で閲覧するには会員専用ページからのログインが必要です。 ログインのための登録をまだお済ませでない方は、この機会にぜひご登録ください。

なお、レポートの印刷版は、ケープタウンで開催されるICMIF隔年総会にて配布する予定です。

会員団体の2012年実績を合計したICMIF全体の主要データは以下のとおりです。

  • 2,520億USドル‐保険料収入合計
  • 5.5%‐世界の保険市場におけるシェア
  • 1兆5,300億USドル‐資産合計
  • 25万人‐職員数合計
  • 1億9,000万人以上‐組合員・契約者数合計